会社設立の祝い金は課税対象?

会社設立 税理士

・会社設立の祝い金は課税されるの?
ここでは、会社設立祝い金と、税金についてのお話をしたいと思います。
会社を設立して開業する時には、各方面から祝い金が贈られてくることが、あるかと思われます、
この祝い金には、課税されるのでしょうか?
課税されるとしたら何所得になるのでしょう?
詳しく解説してみたいと思います。

・祝い金に税金はかかる?
厳密に言えば会社に贈られた祝い金は、事業所得もしくは一時所得にあたりますので、課税対象になると考えられます。
そうなってくると会社の収入として、計上しなければなりません。
ただ、会社の収入としてみなされるケースとしては、お金を送ってきた相手がお客さんであるかどうか、もしくは今後お客さんになる相手かどうかによって変わってきます。

・個人的に受け取った場合はどうなる?
基本的には事業者から祝い金を受け取った場合は、会社の収入ということになり事業収入として計上することになります。
それに対して所得税が課税されますので、帳簿をきちんとをつけておかなければなりません。
ですが個人からお祝いとして受け取った場合は、それに当てはまらないこともあります。
例えば親族や友人などから無償の贈与としてお祝い金が贈られた場合は、経営者個人に送られたものということになります。
この場合は、110万円以下なら非課税という扱いになります。
110万円を超えてくると贈与税の対象になりますので、注意が必要です。

・祝い金やお祝いの品を贈る時のマナー
こちらからお祝い金屋お祝いの品を送る時には、ある程度のマナーを知っておかなければなりません。
例えば、お祝い金の相場について。
お祝い金の相場は、取引先関係であれば、だいたい1万円から5万円が相場と待っています。
単なる知人であれば、1万円程度を包んでおけばOKですが、気持ちを込めるという意味であれば金額を高くしても問題ありません。
お祝い金はあくまでも気持ちの問題ですので、そこまでシビアに金額にこだわる必要はないでしょう。
また、お祝いの品を贈る場合は、贈ってはいけないものもあるので注意が必要です。
贈ってはいけないものとは、不吉なことを連想させるようなものです。
NGの品については、色々なものがありますので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

・横のつながりを大事にする
会社を設立すると、今後は横のつながりが非常に大事になってきます。
個人の時よりも付き合いを大切にして、祝い事は、しっかりとこなすようにしていかないといけません。
この機会に、会社関係の祝い事のマナーについて、詳しく調べておくと良いでしょう。