名古屋の不動産に強い税理士ガイド

会社設立 税理士01

会社設立を自分一人でやりたい…そう考えている人もいると思いますが、一人で会社設立するメリットはどんなところにあるのでしょうか?
おそらく一人で会社設立を考えている人のほとんどはコストをできるだけかけずに手続きなどをしていきたいと思っているでしょうが、実は一人でやるほうが無駄なコストがかかってしまうこともめずらしくありません。

これは会社設立手続きの中に専門知識の必要となるものがあるからで、その代表的な手続きが定款の作成です。
定款は株式会社・合同会社どちらを設立するにしても必ず作成しなければならない重要な書類ですが、定款の作成は現在電子定款がスタンダードになっており、これには専用のソフトを使用しますしそれを使いこなすための専門知識や定款の書き方などを知っておかなければなりません。

紙の定款を公証役場で作成することもできますが、紙の定款だと印紙代40,000円が必要になりますので、コストがかかってしまいますし、これをできるだけ削減するなら専門家に依頼したほうが安くなります。
電子定款に対応している専門家なら安ければ数千円~作成してくれるところもありますし、そのほかの手続きの代行もしてくれるところも多いので余計な手間もかからず、自分のやるべきことに集中できます。

もうひとつ問題になってくるのが物件選びなど不動産に関する問題で、こちらも専門的な知識があったほうがスムーズに進みますから、相談できる人を近くにおいたほうがいいでしょう。
そこでおすすめしたいのが不動産や会社設立手続きに強い税理士を探すことで、税理士は会社の税務を任せることになると思いますから、比較的密にコミュニケーションを取りますので、そういった人がほかの分野も詳しいと心強いです。

最近では中小企業診断士や社労士、行政書士など会社設立や会社運営に役立つ資格を持った税理士も増えていますし、不動産関連の資格を持っている人もいます。
そういった税理士を見つけたいなら、まずいくつかの会計事務所を当たってみなければなりませんが、インターネットを活用するとおすすめの税理士を見つけることができるので探してみてください。

税理士個人がホームページを持っていることもありますし、税理士が集まるサイトで税務に関する相談ができるサイトもありますから、そこで自分の相談したいことを話してみて、その後自分と相性がよさそうだなと思える税理士がいれば依頼するといいでしょう。