合同会社設立と税理士

合同会社

会社設立の中でも、特に一般の方が選ぶ傾向の強いものとしては株式会社があります。
この株式会社というのは、簡単に言えば株主を集めて株式を発行し、それによって資金を集めるというものです。
資金自体はとても集めやすいですし、事業に魅力があればあるほど資金も調達できるようになります。
しかし、近年は手間や面倒がかかるということで、会社設立に関しては合同会社という形式を選ぶことも多くなっています。
株式会社の方が認知度も高いので資金自体は集めやすいですが、合同会社は決算の報告などの規定が緩く、株式会社に比べて楽に管理できるという魅力があります。
多くの方が会社設立をする中で、やはり会社の形態というのは重要です。
そこをどのようにしていくか、まずはしっかり考えてみると良いのではないでしょうか。

ちなみに、会社設立で人気の形態と言えば、やはり株式会社です。
その次としては合同会社や合資会社、さらには有限会社などがあると言えるでしょう。
もちろん、どの形態が正解ということはありません。会社ごとにそれぞれ自分たちで考え、最適な形式の会社を設立しています。
ただ、それぞれの形態ごとに特徴が異なっているため、そこはしっかりと理解しておくことが重要です。
メリットが多い形態と言えば株式会社ですし、日本で優遇されているのも株式会社などが多いでしょう。
しかし、近年は合同会社なども形式として人気となり、意外にも手間や面倒がなく設立できることからも人気となっています。
デメリットがある形態に比べると、やはり安定して会社設立するなら株式会社や合同会社がおすすめだと言えるでしょうね。
もちろん、正解というのはないので、そこは自分たちで設立の際にしっかりと考えていくことが必要となります。

ただ、合同会社の場合は専門家に依頼する費用なども変わってくるので、そこはチェックしておくと良いです。
基本的に株式会社などの設立時に税理士に相談すると、その費用は20万円前後となることが一般的となっています。
しかし、合同会社の場合は10万円前後で済むことも多いです。
そもそもそこには根本的な手続きの違いがあるのですが、簡単に言えば合同会社の方が費用を削減して会社設立をおこなえるようになっています。
世間の認知度では株式会社がおすすめですが、近年は合同会社も多くなってきて、世間的にも認められることが多くなっています。
そこは上手に使い分けていくというのも良いかもしれませんね。