不動産の節税は税理士まで

大阪の不動産にかかる税金には、節税できるものがあります。
特に節税に気を付けたいのは、家賃収入などにかかる所得税ですね。
これは方法次第で大幅な節税ができます。

不動産の収入は会社からもらうお給料とは違う扱いになり、どちらかといえば事業所得に近くなります。
かかった経費などは自分でちゃんと記録して、税務署まで申告しないといけません。
このときに、青色申告という方法を使えば、所得税がかなり減税されます。
この制度についてや、その利用方法など、大阪の税理士まで相談すれば教えてもらえることですね。

青色申告とは、複式簿記を使って日々の収入や出費を記録していき、それにもとづいて所得税の申告も行う方法となります。
通常の申告となる白色申告に比べると、会計の専門知識が必要になる方法で、難易度も高くなります。
その代わりの特典として、青色申告を使うと、その不動産の所得を最大で65万円まで減額できるんです。
不動産の所得が減るメリットですが、所得税は所得の金額に税率をかけて計算するため、所得の金額が減ると税金も減ります。
これが大きなメリットなんですね。

大阪で不動産を賃貸に出して収入を得るとき、できればこの青色申告を使うのがオススメです。
そちらの方が明らかに節税になるからです。
しかし複式簿記など会計の知識がない方も多いですよね。
そんなとき、税理士まで相談するといいです。
不動産を賃貸として使っている個人や法人向けに、この所得税の申告サービスをやっている税理士は多いです。
大阪ではよく見つかりますよ。

相談すると、青色申告の詳しい仕組みや、利用のための手続き、これを使ったときに節税できる金額の計算、会計方法の案内など、たくさんのことを教えてもらえます。
さらに、これら税理士までその会計処理などをすべて任せることも可能。
その不動産で得た収入や出費などをすべてその税理士の方で記録し、所得税の申告までやってくれます。
自分でこれら手続きに詳しくなくても、しっかり節税できるんですね。
このように大阪の不動産関係の税金は、節税できるものもあります。
詳しくは税理士まで相談してみるといいです。