不動産の取得に関して大阪の税理士に相談できる?

大阪での不動産の取得に関して、大阪の税理士にはどんな相談ができるんでしょうか?
土地や建物を購入したときには不動産取得税がかかります。
これについての相談などできますね。

これはその不動産を取得したあと、府税事務所から通知書が送られてくる税金です。
それを使って払うだけで、税務署などへの申告手続きはいりません。
一見すると特に相談など必要ないように見えますが、税理士へ相談できるのは、その税額について。
この税金には軽減措置があります。
これの適用には申請が必要で、ここは自分でやらないといけません。
これについての相談ができるんですね。

この軽減措置を受けられるのは、規定の条件に当てはまった方です。
その規定とは、主に取得した不動産についてのものです。
たとえば新築住宅で、床面積が50〜240平方メートルの範囲に収まるなら、その不動産の価値が最大で1200万円まで控除されます。
この税金は不動産の価値が高いほど高くなり、低いほど安くなります。
この軽減措置を使えば、税金の計算のときだけその不動産の価値を低く見積もれますから、とてもいい節税になるんですね。
この軽減措置が使えるかどうか、使えるとしたらどう手続きすればいいのか、これが税理士までよく相談されることです。

早い段階での相談もOKですし、実際にこの税金の通知書が届いた後で相談に行ってもOKです。
また、本当は軽減措置が使えたのに、気づかずにそのまま払ってしまったときも、税理士まで相談すれば還付手続きの相談ができることも多いです。
不動産の取得に関する税金をこれから払う方は、このような相談ができないか、一度考えてみるといいですよ。

このほか、これから不動産を取得する方など、このような税金がいくらかかるのか、不安もあるのではないでしょうか?
新規取得に対してかかるのは、印紙税や登録免許税、不動産取得税などたくさんありますし、このほか固定資産税などもかかります。
その不動産の取得により、結局合計いくらの税金がかかるのか、税理士まで相談できます。
その金額に応じて取得するかどうか決めるのもいいでしょう。
このように多くの相談ができます。